ナースのお仕事

#看護師って何してるの? ある日の泌尿器科外来【右尿管狭窄】

#看護師って何してるの? 
  ある日の泌尿器科外来【右尿管狭窄】

86歳 女性
泌尿器科に6週間ごと来院
右尿管ステント留置中
「少しずつ動けるようになった」
「熱もでてないです」

1か月前に嘔吐、右腰背部違和感があり受診し
CTにて右尿管結石をもとめて精密検査のため入院した

1年前:右尿管ステント留置
 急性腎盂腎炎にて入院
Rt f-TUL
腎盂腎炎で膀胱留置カテーテル再留置
D-J抜去したが
D-J再留置
2か月後、D-J交換 U1の線状狭窄
経尿道的尿管狭窄拡張術

D-J定期交換
腰椎圧迫骨折
炎症高値で入院
リハビリのため転院となる

尿検査で培養 Enterococcus Faecium
右D-J交換 7Fr 26センチ
若干閉塞気味
D-J先端部分結石付着(+)
血尿(+)

白血球、Hb,血小板、UN,CRE, CRP値の確認

次回のD-J交換は6週間後
水分を多めにとるように指導
【内服処方】
ウロカルン
オーグメンチン

f-TUL(経尿道的腎尿管結石砕石術

尿路結石の中で、自然排石しない尿管結石や1センチ以上の腎結石
もしくは水腎症をともなう尿管結石などは治療介入が必要です

尿路結石の治療は体外衝撃波結石破砕術(ESWL)経尿道的尿管結石砕石術(f-TUL)があります。

ESWLは比較的簡単な治療方法ですが、結石の位置やかたさによって破砕
効果にばらつきがあり破砕できても摘出することができないことと、複
数回の治療が必要になることがあります

f-TULは結石を内視鏡で直接確認してレーザーで砕石するので、ほぼ
確実に結石を砕くことができ、同時に破砕した破片を摘出することが
可能です

【f-TULの手術の流れ】
1、尿道より尿管鏡を挿入し、尿管口を確認します
2、硬性尿管鏡もしくは軟性尿管鏡を尿管口から尿管、腎盂へと進めて
  観察します
3、結石の位置を確認し、レーザーにて砕石を開始します
4、可能なかぎり結石片をバスケットカテーテルにて回収します
5、手術後は、尿管ステント(D-Jステント、腎から膀胱への細いチューブ
  のような管)を留置し、尿道カテーテルも留置して終了です
 時間は1~2時間かかります

ABOUT ME
happystone40
ニートからナースへ転身!気づけば、まだナースやってます!