ナースのお仕事

#6 看護師って何してるの? 看護必要度2020(6)

#6 看護師って何してるの? 
看護必要度2020(6)

看護必要度とは、
「入院患者へ提供されるべき看護の必要量」

A-8 シリンジポンプの管理

【定義】
抹消静脈・中心静脈・硬膜外・動脈・皮下に対して、静脈注射・輸液・
輸血・血液製剤・薬液の微量持続注入を行うにあたりシンリジ
ポンプを使用し、看護職員が使用状況(投与時間、投与量等)を
管理している場合を評価する
【留意点】
1、シリンジポンプにセットしていても、作動していない場合は含めない
2、携帯用であっても含めるが、PCA(自己調整鎮痛法)によるシリンジ
 ポンプは、看護職員が投与時間と投与量の両方の管理を行い、持続的に
 注入している場合のみ含める

A-11 輸血や血液製剤の管理

【定義】
輸血(全血、濃厚赤血球、新鮮凍結血漿等)や血液製剤(アルブミン
製剤等)の投与について、血管を通して行った場合、その投与後の状況を
看護職員が管理した場合に評価する
【留意点】
1、輸血、血液製剤の種類及び単位数については問わない
2、腹膜透析や血液透析は輸血、血液製剤の管理の対象には含めない
3、自己血輸血、腹水をろ過して実施する場合は含める

A-14 専門的な治療・処置

【定義】
専門的な治療・処置は
1)抗悪性腫瘍剤の使用(注射のみ)
2)抗悪性腫瘍剤の内服の管理
3)麻薬の使用(注射剤のみ)
4)麻薬の内服、貼付、座薬の管理
5)放射線治療
6)免疫抑制剤の管理(注射のみ)
7)降圧剤の使用(注射のみ)
8)抗不整脈の使用(注射のみ)
9)抗血栓塞栓剤の持続点滴の使用
10)ドレナージの管理
11)無菌治療室での治療
上記のいずれかの治療・処置を実施した場合に評価する

1)~4)及び6)~9)までについては、評価日において、
コード一覧に掲載されているコードが入力されていること

手術や麻酔中に用いた薬剤は評価の対象にある

検査や処置等、その他の目的で用いた薬剤についてはEF統合ファイル
におけるデータ区分コードが20番台(投薬)、30番台(注射)、
50番台(手術)および54番台(麻酔の薬剤)に限り評価の対象となる

ABOUT ME
happystone40
ニートからナースへ転身!気づけば、まだナースやってます!