ナースのお仕事

#看護師って何してるの?  呼吸器内科外来【NTM(非定型抗酸菌症)】

#看護師って何してるの?  呼吸器内科外来【NTM(非定型抗酸菌症

教科書だけじゃわからないんですけど、、、って思いから、
実例にフィクションをMIXして書いてます(( ´艸`)

68歳 女性
#NTM(M.avium)
10年年前 8月 3剤内服治療施行
現在は無治療で半年ごとにXpでフォロー中
「痰は時々出る」
「咳はあまりでない」
【レントゲン検査】
左中下肺野の浸潤影は残存
その他は特に変化なし
Rs:rale-
【アセスメント】
現状問題なし
次回6か月後にフォロー レントゲン検査予定

肺非結核性抗酸菌症の薬って何?

非結核性抗酸菌症の薬の治療は、それを引き起こした菌の種類によって
異なります
日本では、MACという近によることが多い(80%)ので、ここでは肺
MAC症の
治療をするには3つの薬を使います
1、クラリスロマイシン
2、エタンブトール
3、リファンビシン

【何故3つも使うのか?】
まだMAC菌を完全にやっつける薬剤がまだないので3種類をつかいます
肺MAC症の治療は非常に長期にかかるので耐性ができないようにする
ためです。重症の場合は注射を使う場合もあります
【肺MAC症化学用法経過イメージ】
咳や痰など自覚症状は比較的早期(1か月以内)から軽くなる
菌は軽症であれば2か月くらいで陰性になる
画像は3か月目くらいから早くなる
空洞がきえるのは概ね3年以上かかります
【エタンブトール(EB)薬】
この薬自体は、MAC菌にあまり強くないのですが、CAMと一緒に服用する
ことでCAMと一緒に服用することでCAMに耐性ができることを防ぐ作用が
重要。この薬は量が多いと4か月後くらいから視野障害がでてくること
があります。
アレルギー性皮疹が1割くらいの方にあります
【リファンビシン(RFP)薬】
この薬は結核にも用いられますが、内服して驚くのは、尿や便がオレンジ
色になることですが、これ自体は薬そのものの色素で身体には害はありま
せん汗に色がついて白い衣類につくこともありますが、選択により落ちます
副作用としては、え毛月居ないでAST、ALTという肝機能値150まで上昇する
しかし、これは大部分で内服を持続していても自然に下がってきます

ABOUT ME
happystone40
ニートからナースへ転身!気づけば、まだナースやってます!