ナースのお仕事

「入院治療は終わったけど、このままじゃ家に帰れない」身体・環境の変化にどうしたらいいの?

「入院治療はおわったけど、
このままじゃ家に帰れない!」

手術後で階段が登れない、一人で生活できそうにない

 

地域医療支援病院では、入院時から退院支援をしています

従来、病院では、症状が安定し治療が終了すると、すぐに退院していました

しかし、入院前と後では身体の状態が大きく変化しており、本人にとっても、家族にとっても大きな問題となってしまいます

そこで、病院内に地域包括ケア病棟を設けています

1、【 地域包括ケア病棟 】

地域包括ケア病棟では、退院後の生活に自信が持てなかったり、ご家族がその後の療養を心配される患者さんもおられ、自宅や施設に戻る予定の患者さんに、もう少し入院治療を続けていただき、症状の改善や経過を支援するための病棟です

在宅復帰をスムーズに行なうために「在宅復帰支援計画」に基づいて、医師や看護師、病棟専従の理学療法士、作業療法士、薬剤師、栄養士、医療ソーシャルワーカーが患者さん・ご家族と協力し、退院に向けた支援や退院後のケアについてサポートをします

 

2、【 対象患者さん、利用手順について 】

① 急性期から継続したリハビリが必要な方
② 入院治療により病状は改善したが、もう少し経過観察が必要な方
③ 日常生活に不安を感じ、様子をみながらご自宅へ帰る準備を進めたい方

一般病棟に入院の後、関係する部門で検討し、主治医の判断をもって、患者さん・ご家族へ提案させて頂きます。また、地域包括ケア病棟利用中に病状が変化し、集中的な治療が必要と判断した場合には、急性期病棟に移動して頂くこともあります

 

ABOUT ME
happystone40
ニートからナースへ転身!気づけば、まだナースやってます!