ナースのお仕事

#看護師って何してるの?循環器内科外来【慢性心不全の急性憎悪】

#看護師って何してるの? 
   循環器内科外来【慢性心不全の急性憎悪】

教科書だけじゃわからないんですけど、、、って思いから、
実例にフィクションをMIXして書いてます(( ´艸`)

【74歳 男性】
循環器外来の定期受診
「調子はいいです」
「息苦しさも大丈夫です」
HR56
BP117/63
心エコー検査

【診断名】
1、DCM
2、心房細動
3、NSVT
4、AT
5、慢性心不全の急性憎悪
【TTE 心エコー検査】
EF:37.5%
FS:18.2%
LVDd/Ds 582/47.6mm
AoD/LAD 36/50mm
IVS/LVPW 10/12
LAVI 46.9ml/m2
IVC 17.2mm(呼吸性変動+)
全周囲にserve hypokinesis
特に antero-septal infero-septal(mid~apeX)akinesis
【慢性心不全の急性憎悪】
心房細動となり心不全憎悪したが、心房細動は自然停止
カンデサルタン→べリンドプリル4mgへ
フロセミド40mg追加
20mgへ減量とした
【NSVT】
アミオダロン増量300mgで洞調律へ

1/25 頻脈がみられた
 肺うっ血はないがNTproBNPは上昇
DCは希望なし
アミオダロン増量で不整脈は抑えられている
4/7 200mgへ減量
7/4 甲状腺、LK-6上昇なし アミオダロン100mgへ
10/6 安定して動悸症状ないため中止して経過観察
11/10 動悸なし  OFFのまま継続
12/8 不整脈あり 次回評価
【AF】
11/10 ワーファリン0.75mg増量
12/8 INR 1.28と低下 1.0mgへ戻す
1/5 INR(プロトロンビン時間-国際標準化比)良好
   1mg継続 100bpmのAfあり、心拡大が軽度憎悪
  呼吸苦症状もあり、心房細動による心不全憎悪
  利尿剤少量増量
  まずはTEE+DC試みたいが、まず、少量ラニラピッドから開始
1/19 心房細動持続  レート良好
【DCM】
【腎機能障害】
フロセミド20mgでCTR良好
腎機能も憎悪なく、継続
11/10 腎機能やや憎悪、飲水励行、フェブリク10mg

【処方】
1、ラベプラゾールナトリウム錠10mg
2、ビソプロロールフマル酸塩酸2.5mg
3、ペリンドプリル錠4mg
4、リピディル錠53.3
5、フロセミド錠20mg
6、フェブリク錠10mg
7、ワーファリン錠1mg
8、ラニラピッド錠0.05mg
9、アゾセミド錠60mg

慢性心不全

慢性心不全になると、心臓だけではなく、息切れや脱力感など
全身にさまざまな症状が強く起こり、日常生活に支障が生じて
きます。代表的な症状は、動悸、動作時の息切れ、呼吸困難
身体のむくみ、体重増加などです。
さらに悪化すれば、夜間に急に息が苦しくなって目が覚めたり、
じっとしていても息がきれることもあります

心不全の重症度に合わせて、夜間にマスクによる陽圧呼吸を
を行ったり、適度な負荷がかかる程度の運動リハビリ療法が
必要です

アミオダロン
【心室細動、血行動態不安定な心室頻拍で難治性かつ緊急を要する場合】
通常、成人には以下のとおり点滴静注により投与する
なお、症状に応じて適宜増減あるいは追加投与をおこなう
最大量として1日の総投与量は1250mgを越えないこと及び投与濃度は
2.5mg/mlを超えないこと
【投与方法(48時間まで)】
【初期急速投与】
アミオダロン塩酸塩として125mgを5%ブドウ糖液100mlに加え、
容量型の持続注入ポンプを用い、600mg/時(10ml/分)で10分間
投与する
【負荷投与】
アミオダロン塩酸塩として750mg(15ml)を5%ブドウ糖液500ml
に加え、容量型の持続注入ポンプを用い33ml/hの速度で時間投与する
【維持投与】
17ml/次の速度で合計42時間投与する
6時間の負荷投与後、残液を33ml/hから17ml/hに投与速度を変更し
18時間投与する
アミオダロン塩酸塩として750mg(15ml)を5%ブドウ糖500mlに
加え、容量型の持続注入ポンプを用い17ml/hの速度で24時間投与する

ABOUT ME
happystone40
ニートからナースへ転身!気づけば、まだナースやってます!