ナースのお仕事

#看護師って何してるの? ある日の消化器内科外来【胃ESD 内視鏡】

#看護師って何してるの? 
  ある日の消化器内科外来【胃ESD 内視鏡】

教科書だけじゃわからないんですけど、、、って思いから、
実例にフィクションをMIXして書いてます(( ´艸`)

87歳 男性
早期胃がん(胃体下部大湾)
Adeno carcinoma Tub1 5mm
pT1a(m) Ly0 V0 UL0 PHM0(5mm) pVm0(0.5mm)

【検査当日】
同意書確認
入れ歯の除去確認
動揺歯の有無
金属類の除去
【検査の前処置】
バロス+炭酸水素ナトリウム 20ml与薬
咽頭麻酔:8%キシロカインボンスプレー
鎮静剤
 13:35 ミタゾラム0.2A静注
 13:36 ミタゾラム0.1A静注
 13:40 ミタゾラム0.1A静注
酸素吸入2.0㍑/分開始
【検査中】
13:40 GIF-H290Z使用
    DrにてESD開始
13:42 BP203/73 SpO2=99
13:45 ミタゾラム1A+生食8mlのうち1ml静注
    SpO2=99
13:52 ミタゾラム1A+生食8mlのうち1ml静注
13:55 デュアルナイフでマーキング
    BP143/60 P65
14:00 GIF-Q260Jへカメラ変更
14:05 ムコアップ局注開始(1本目)
    SpO2=99
    ソセゴン0.5A静注
    デュアルナイフにて切開開始
14:15 止血鉗子にて止血開始
    BP147/59 SpO2=99
14:34 ミタゾラム1A+生食8mlのうち1ml静注
    SpO2=97
14:40 ムコアップ局注(2本目)
14:50 全周囲切開
    BP158/64 P63
14:54 ミタゾラム1A+生食8mlのうち1ml静注
15:15 SpO2=99
15:30 ミタゾラム1A+生食8mlのうち1ml静注
    BP164/71
15:45 一括切除
15:46 クリップ装着開始
     6個使用
    BP164/75 P59 SpO2=99
15:55 終了
16:00 ストレッチャーにて病棟へ

ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)

早期胃がんの治療方法の一つです
電気メスを使って胃の粘膜(病変部)を切り剥がしていく方法です
ナイフを用いて切り取るため論理的に切除する組織の大きさに
制限がなく、広い病変を一度の剥離することができます

内視鏡的治療の対象
内視鏡的治療の対象となる胃がんには、ほぼ「粘膜」内にとどまって
いると診断された早期胃がんになります

日本胃がん学会の治療ガイドラインでは
1、病変が一括で取れる部位と大きさであること
2、リンパ節転移の可能性がほとんどないこと
の2点が内視鏡的治療の基本要件となっています

具体的には
1、粘膜内に癌細胞がとどまっているもの
2、病変の大きさが2センチ以下のもの
3、分化型癌(胃の粘膜の構造を残しているもの)
4、潰瘍を併発していないもの

ESDの手順
1、マーキング
2、局注
3、切開
4、粘膜下層剥離
5、切除官僚
6、止血
7、クリップ装着

ABOUT ME
happystone40
ニートからナースへ転身!気づけば、まだナースやってます!