ナースのお仕事

#看護師って何してるの? ある日の消化器内科外来【肝動注 抗がん剤】

#看護師って何してるの? 
ある日の消化器内科外来【肝動注 抗がん剤】

37歳 男性
化学療法のため消化器内科を受診

【診断名】
B型肝硬変
HCC門脈浸潤
【化学療法問診票】
身長:163.0センチ
体重:45.0kg
体温:36.1
脈:90
血圧:125/83
SpO2=97%
【前回の治療後経過について】
食欲不振:Grade0
悪心:Grade0
粘膜炎/口内炎:Grade0
便秘:Grade0
下痢:Grade0
味覚変化(味覚障害):Grade0
神経障害:感覚性:Grade0
脱毛:Grade0
疲労感(無力、嗜眠、倦怠感)Grade0
爪の変化:Grade0
皮疹:手足の皮膚反応:Grade0
皮疹:ざ瘡・ざ創様 Grade0
【特記事項】
【本人より】
何か月前からか、左の肋骨の下辺りと背中が痛かった
肝臓に影があって、水が溜まっているといわれた
抗がん剤を10回しましたが、副作用はなかったです
今はお腹全体の痛みと張りがあります
痛み止めはカロナールは効いていない感じがしてます
ロキソニンの方が効きます
【客観的情報】
腹部の全体の張り、痛み
【アセルメント】
初めての外来治療
痛みに対して、カロナール、ロキソニン内服にて対応中
お腹は張りと痛みによる苦痛が軽度あり
【これからの計画】
症状の観察
精神的フォロー
【家族構成】
妻と子供4人と暮らしている

【化学療法開始】
穿刺部:右鼠径部
穿刺部の異常:異常なし
血管外露出:なし
アレルギー反応:なし

オリエンテーション実施
グラニセトロンは内服せずに治療開始
11:20 Drにて右鼠径部へ穿刺
    シスプラチン60ml/hにて開始
    疼痛なし
    穿刺部周囲異常なし
11:50 シリンジポンプ表にそってフルオロウラシル開始

シスプラチン+5-FU(PF療法)

シスプラチン注
シスプラチン注は、プラチナ(白金)系の抗がん剤です
細胞のDNAと結合することでDNAのゆがみを作り出し、癌細胞の増殖を
抑えて、腫瘍を小さくする作用を持つお薬です
フルオロウラシル(5-FU)24時間投与
5-FU注は、癌細胞の増殖に必要なDNA合成を阻害し、RNAの機能を
生涯することで癌細胞の成長を抑えたり、腫瘍を縮小する作用をも
つお薬です

3週間を1コースとして行います
腎障害が予防するために、1日目から5日目まで1~2㍑程度の輸液を投与することがあります

抗がん剤は、増え続ける癌細胞を攻撃する作用があります。がん細胞と同時に性状な細胞にても影響を与え、それらが副作用として現れます。副作用はかならず起こるわけではなく、その程度には個人差があります。個々に適切な著しを行い対応します。多くの副作用は治療終了後には回復しますので、正しい知識をつけて、治療を受けましょう

ABOUT ME
happystone40
ニートからナースへ転身!気づけば、まだナースやってます!